MIYAGI GENKI MARATHON

みやぎ元気マラソンとは

代表挨拶
みやぎ元気マラソン大会
実行委員会 委員長
琴 亮吉
KUN RYANGIRU
参加ランナー、地域、ご協賛社の皆様のご支援とご協力により、今年で第5回目を迎える事ができました。心より感謝申し上げます。
本大会は、すべての人を「元気」にしたい!という想いからスタート致しました。
体を動かし、様々な人と出会い、交流することで元気と笑顔があふれる場とし、ここから、宮城・東北への「元気」の発信と活性化に繋げていきたいと考えております。
この大会は、自分のペースで楽しく走るファンランナーから、1分1秒を争う真剣勝負のシリアスランナーの方まで幅広い方々にご参加頂いております。
私たちには、この大会を通じて、全ての参加ランナー、特にお子様には、主体性を伸ばし、諦めない気持ちと、大会のキャッチコピーでもある「やればできる!」という強い気持ちを持てる人間になってもらいたいという想いがあります。
子供たちの可能性とスポーツの裾野を広げ、未来のオリンピック選手が本大会より誕生する事を願っております。

今年は、南東北を会場としたインターハイ開催に伴い、みやぎ元気マラソン実行委員会では、そちらを優先として、会場と日程を抑えるのに時間を頂いておりましたが、今年も仙台陸上競技場での開催とが可能となりました。 暑い時期での開催となってしまいましたが、皆様の「元気」を思う存分発揮して頂ける挑戦をお待ちしております!

今年もたくさんの笑顔が溢れる大会とするため、私たち実行委員一丸となり大会の運営を進めてまいります。
みやぎ元気マラソン実行委員会